七尾市合宿等誘致事業

August 4, 2016

平成12年より和倉温泉の一部の旅館がサッカー合宿の受け入れを開始。平成19年に「七尾市合宿等誘致事業補助金」開始。このように、七尾市は旅館関係者のアクションによって、現在、合宿誘致事業が展開をしてきた。現在、施設管理者は和倉温泉旅館協同組合で指定管理料は0円である。旅館組合が指定管理になる強みは宿泊、グランド予約が一括でできるということ。

 

現在、和倉温泉運動公園多目的グランドや能登島グランドが完成されているが、元々一市三町の合併により七尾市となったので、すでに既存の体育館、野球場、武道館それぞれに複数存在している。閉鎖することなく利用が継続していることは、利用数がしっかりとあるということであろう。実際に4つある武道館は年間を通して、トータルで約3万人の利用があるとのこと。

 

地域別利用者は中京、関西で45%をしめている。宿泊客を増やす、交流人口の拡充を目的に進めているようだ。合宿事業の推移を補助金実績でみてみると、平成19年の宿泊数が1780人から平成26年にんあると20,080人と増加している。人口芝のサッカーグランド、24面あるテニスコート(北陸最大級)、ヨットハーバーの存在。今後もまだまだ伸びしろがありそうだ。これからホテル、民宿等を増やしていかないと対応できないのでないだろうか?

 

富士市もスポーツ観光という言葉を使い始めたが、何を個性にしていくのかが課題だと思う。

 

http://www.ucon-i.jp/newsite/jigyou/chiikikadai/chiikikadai_pdf/h19chiikikadai13.pdf#search=%27七尾市合宿誘致事業%27

 

七尾市 http://www.city.nanao.lg.jp

 

七尾市は長谷川等伯、山の寺寺院郡等、歴史、文化も興味深く、ゆっくりと訪れてみたい場所。 2016年5月9日

Please reload

富士市議会議員 山下いづみ Official Site
Copyright(c) Izumi Yamashita

  • Facebook Social Icon